HOME > 2012年インターンシップ感想
日仏学園高等部  2012年3月5日~9日 1名
立正大学  2012年8月20日~24日 2名

日仏学園高等部

 

インターシップの生徒:プリュヴォ ケヴィン

「私は自分の進路がまだ決まっていないため、
自分の全く知らないジャンルを見るために(株)伸光製作所でインターシップをさせて頂く事になりました。
研修中、工場で100分の1ミリ単位のとても細かい作業や、検査室での作業を見て驚きの連続でした。
自分の想像していた職場と大きく違い、とても貴重な体験をさせて頂きました」

立正大学

インターンシップ参加報告 
立正大学経営学部2年 甲斐舞


☆2012/08/20(月)品質管理部の検査を体験☆

午前中は、5日間のスケジュールと会社概要を聞いたあと、品質管理部の検査業務を体験しました。
写真にもあるように、この作業は左の顕微鏡を右の拡大画面を見ながら、製品に傷がないか・バリが残っていないかなどの細部を検査します。私は、3つほど検査させて頂いたのですが、細かい作業で時間がかかってしまい難しかったです。

午後は、エクセルを使った管理システムを実際に操作しました。
私が使用してきた関数では対応できず複雑で驚きました。
そのあと、品質管理部の方にお時間頂いて、私達インターンシップ生から聞きたいことに対して、応えていただきました。

☆2012/08/21(火)那須工場見学☆

本社に出社してから、栃木県那須塩原市にある那須工場へ見学に行きました。
こちらの工場は、小山工場に比べて広く、量産加工に優れています。

切削の原点でもあるろくろとチャックに驚きました。
那須の工場には、畑があるので収穫もさせていただきました。スイカ・枝豆・プチトマト・きゅうり・みょうが・とうもろこしと様々な野菜が収穫できて、自宅で好評でした。

工場の方々は仲がよく、お昼休みに卓球大会をされていました。
東京からは少し離れていますが、また機会があれば訪問したいです。

☆2012/08/22(水)資材センター・営業部・小山工場見学☆

まず、課長と資材センターに見学に行き、資材の在庫管理の方法を学びました。
写真の数字は、資材のパイ(外形寸法)を表しています。資材によって、0.01ずつサイズが違うものもあります。 種類がたくさんあり、それぞれ名称が略されているのですが、覚えるには業務の経験が必要であると感じました。

そのあと本社に戻り、営業部の業務を学びました。頼まれた書類を注文表に入力、電話応対したりと、業務がたくさんありました。

昼食を頂いてから、小山工場のほうへ見学に行きました。
すべて機械に頼るのではなく、二次加工などの細かい調整をおこなうところは、手作業で丁寧に作業されていました。
油を使用して切削をする機械が多いので、加工し終わってから超音波洗浄機で油を落とし、製品によっては手作業で洗う場合もあります。

☆2012/08/23(木)営業活動に同行☆

品川区協力のマッチング会へいかせて頂きました。

マッチングさせていただいた企業は、キャノン電子㈱です。伸光製作所以外にもたくさんの中小企業が参加し、会場はたくさんのキャノンの社員の方でいっぱいでした。
自社の製品を良く知り、お客様になにがいいのかを勧められるように心がける事が大切であると思いました。

午後は、訪問するかたちの営業に同行させていただきました。
実際に相手先様の部長のかたとお会いし、貴重なお話を聞かせていただきました。そして、営業するにあたっての意識を実感することができました。

☆2012/08/24(木)blog作成☆
☆まとめ☆

この5日間のインターンシップを通して、仕事に対しての責任、利益のことを考える前にお客様のために何が出来るのか、この会社のために自分は何が出来るのかを考える良い機会となりました。そして、明るいあいさつ・返事の重要性を改めて知らされました。この経験を生かして、大学生活を送りたいと思います。こんなにもあったかい実習先でインターンシップの経験を得ることができて本当に嬉しく思います。5日間お世話になりました。一回り大きくなってまた訪問できるように頑張ります。ありがとうございました。

インターンシップ5日間の記録
立正大学法学部3年男子

2012年8月20・21日

インターンシップの実習先に伸光製作所へお邪魔させていただきました。

一日目は、品質管理の仕事を体験させていただきました。品質管理の仕事では出来上がった製品に不良がないか、個数に間違いがないかなどを確認します。

左下の写真の製品には穴が通っているのですが、穴の太さが正しいかを右の棒で細かく確認します。

製品には1cmに満たない物もあり、条件が厳しいもので誤差は±0.01cmまでというものまであるそうで驚きました。万が一不良があった場合にはお客様に迷惑がかかってしまうので責任のある重要な仕事です。

二日目は角田社長に車で栃木の那須工場まで連れて行って頂きました。

スイカはすごく甘かったです。

那須工場には立派な畑があって驚きました。スイカ以外にもトマト、枝豆、トウモロコシまであります。自然も豊で土地も広く環境が本当にいい工場でした。社員の皆さんとても仲が良く昼休憩には卓球大会まで開いているほどでした。

2012年8月22・23日

小山工場では製造係の係長の深沢さんとお話をさせて頂きました。深沢さんは面接も担当されているので、面接のときに何をチェックしているのかや、どういうところを重視して採用しているかなどをお伺いすることができて、とても参考になりました。

 

四日目の午前は展示会に同行しました。展示会では大勢の人が来てそれぞれの企業が活発に活動していました。多くの方が熱心に質問をしてメモを取っている姿は真剣そのものです。

四日目の午後は伸光製作所の営業先でお話をしました。無理をして貴重なお時間を割いて作っていただいたこの場は本当にいい体験になりました。普段の営業ではどのような話をしているのかや、体験談も交えて営業に大切なことなどをお聞きしました。五日間の中でも非常にいい時間になり、ありがたかったです。

2012年8月23・24日

四日目の仕事の後は荏原法人会ボウリング大会にも参加させて頂きました。

同年代ではない人生の先輩方と一緒だったので緊張しました。

社長はカーブを巧みに扱えるほどの実力を持っているのですが、教え方も上手く指示通りに投げていたら自己最高記録のスコアを出せてうれしかったです。

 

最終日の五日目は質問を自由にしたり、私たちのインターンのレポートの作成などの時間に使わさせて頂きました。インターンを振り返ってみると短くても本当に充実したものだったと思えます。このような体験は他では出来なかった事だと思うので実習先を伸光製作所に決めて良かったと心から思いました。

もしインターンシップでどこに行こうかと迷っているなら是非伸光製作所を実習先に選んで下さい。他では体験できない素晴らしい体験になると思いますし、自分のやりたいことを見つけることができると思います。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ